「IT協会DigitalDays2022」イベント案内サイトオープンのお知らせ

更新日:10月3日

JTAG財団 企画委員会委員長 玉川 博之が登壇する、公益社団法人 企業情報化協会(IT協会)主催のイベント「IT協会DigitalDays2022」の案内サイトが掲載されましたのでお知らせいたします。


第9回 情報セキュリティシンポジウム

テレワークとセキュリティの両立・人材育成領域

特別講演

「変わるセキュリティに対応するために~JTAGを利用した人材活用術~」

を是非ご覧くださいませ。


2022年8月25日(木)~2022年9月26日(月) ※終了致しました※

オンラインアーカイブ配信にて登壇予定です。


以下に一部抜粋にてご紹介します。


日常生活が戻りつつあるとはいえ、コロナにより世の中は大きく変わりました。

この変化によりセキュリティの在り方も変わっていく必要があります。

そのためにはセキュリティを担当する『人』も変わっていかなくてはなりません。

変化のスピードに対応していくために、『人』の変化も効率化していく必要があります。

JTAGでは人材の流動化を目指し、適材適所な配置を目指しています。

今回は、JTAGの活用事例の紹介、人材流動化に向けた取り組みを紹介します。



是非、下記からご覧ください。

https://jiit.or.jp/lp/im/2022_digitaldays_2/

最新記事

すべて表示

2022年11月30日(水) PR TIMESにてプレスリリースを行いました。 一般財団法人日本サイバーセキュリティ人材キャリア支援協会(代表理事 西本逸郎、以下「JTAG財団」)が提供するセキュリティに携わる人材のスキル可視化サービス(名称:VisuMe)に新機能をリリースしました。 新機能追加により、社会人経験の無い学生や、チームやプロジェクトなど組織構成員全体のビジュアル化が可能となり、利用

<【企業担当者向け】セキュリティ人材育成のためのスキル可視化とは?(オンライン)> JTAG財団のIT総合能力診断サービス「VisuMe」を用いて、実際にどのようにしてスキル可視化が可能なのか、このツールの威力が発揮できるシーンや、利用プロセスなどどのように使うと効果的なのか、また、可視化ができることによって自社内の人材育成アクションプランの組立方法などのヒントも盛りこまれています。特に、先日実装

<【企業担当者向け】セキュリティ人材育成のためのスキル可視化とは?(オンライン)> JTAG財団のIT総合能力診断サービス「VisuMe」を用いて、実際にどのようにしてスキル可視化が可能なのか、このツールの威力が発揮できるシーンや、利用プロセスなどどのように使うと効果的なのか、また、可視化ができることによって自社内の人材育成アクションプランの組立方法などのヒントも盛りこまれています。特に、先日実装