【新機能】「スキル評価の新項目追加」「おすすめの研修コースの自動提示」 公開のお知らせ

VisuMe Capability Assessment for Digital Security(能力診断)の新たな機能「スキル評価の新項目追加」「おすすめの研修コースの自動提示」を公開いたしました。


1.「スキル評価の新項目追加」

これまでの「業務経験」「資格情報」の入力情報に追加して、講義や研修受講、イベント参加や学内活動など、業務経験の少ない学生や若手社会人の力を推し量るための指標を追加しました。


2.「おすすめの研修コースの自動提示」

本人の診断結果に対して、さらに力を伸ばすことができる可能性が高い研修コース(教育事業者の登録)が自動掲示される機能です。登録研修コースについては随時追加されていきます。

*研修コース登録において設定された“受講するための前提スキルレベル”に、本人の診断結果が満たない場合は、その研修は“おすすめ”として表示されません。


是非お試しください。

https://www.j-tag.or.jp/general-8

https://www.j-tag.or.jp/general-8-1

最新記事

すべて表示

2022年11月30日(水) PR TIMESにてプレスリリースを行いました。 一般財団法人日本サイバーセキュリティ人材キャリア支援協会(代表理事 西本逸郎、以下「JTAG財団」)が提供するセキュリティに携わる人材のスキル可視化サービス(名称:VisuMe)に新機能をリリースしました。 新機能追加により、社会人経験の無い学生や、チームやプロジェクトなど組織構成員全体のビジュアル化が可能となり、利用

<【企業担当者向け】セキュリティ人材育成のためのスキル可視化とは?(オンライン)> JTAG財団のIT総合能力診断サービス「VisuMe」を用いて、実際にどのようにしてスキル可視化が可能なのか、このツールの威力が発揮できるシーンや、利用プロセスなどどのように使うと効果的なのか、また、可視化ができることによって自社内の人材育成アクションプランの組立方法などのヒントも盛りこまれています。特に、先日実装

<【企業担当者向け】セキュリティ人材育成のためのスキル可視化とは?(オンライン)> JTAG財団のIT総合能力診断サービス「VisuMe」を用いて、実際にどのようにしてスキル可視化が可能なのか、このツールの威力が発揮できるシーンや、利用プロセスなどどのように使うと効果的なのか、また、可視化ができることによって自社内の人材育成アクションプランの組立方法などのヒントも盛りこまれています。特に、先日実装