JTAG財団 セミナー/イベントのご案内

更新日:2021年9月8日

<【地方公共団体】セキュリティ人材足りていますか?(オンラインセミナー)>


 地方公共団体では、マイナンバーの取り扱いを筆頭に、情報の取扱いやシステム運用について、今まで以上に複雑化してきています。特に、インシデント発生時の対応については、情報の秘匿性観点から、社会から厳しく問われる時代となりました。


 とはいえ、民間大企業に比べて、携わる人材が豊富にいるわけでなく、また、調達するにも困難を極めているため、中長期の観点からは自組織内での強化を計画することが必要となります。


 自組織内で充足させるためには、現在の人員の中から抜粋しての異動や教育が必要となります。その際に、対象候補者のスキルを把握することで、より効果的な育成計画やジョブチェンジが可能となるプロセスを提案します。


 皆さまのお役に立つ内容と存じますので、是非ご参加ください。


●開催日:

・2021年9月1日(水)15時-16時 (定員20名)※受付終了いたしました。

・2021年9月8日(水)15時-16時 (定員20名)※受付終了いたしました。

※両日程とも同じ内容です。ご都合の良い日時をお選びください。


●開催場所:

 本セミナーはオンラインで実施します。お申込み受付後、参加方法についてご連絡いたします。


●参加費:

 無料(事前登録制)


●参加対象:

 地方公共団体経営層、システム部門、セキュリティチームの方


===お申込みはこちら===

https://www.j-tag.or.jp/seminar-b

==============

最新記事

すべて表示

<【企業担当者向け】セキュリティ人材育成のためのスキル可視化とは?(オンライン)> セキュリティ人材育成のためのスキル可視化とは? JTAG財団のIT総合能力診断サービス「VisuMe」を用いて、 実際にどのようにしてスキル可視化が可能なのか、その活用方法について解説します。 このツールの威力が発揮できるシーンや、利用プロセスなどどのように使うと効果的なのか、また、可視化ができることによって自社内

JTAG財団 企画委員会委員長 玉川 博之が登壇する、公益社団法人 企業情報化協会(IT協会)主催のイベント「IT協会DigitalDays2022」の案内サイトが掲載されましたのでお知らせいたします。 第9回 情報セキュリティシンポジウム テレワークとセキュリティの両立・人材育成領域 特別講演 「変わるセキュリティに対応するために~JTAGを利用した人材活用術~」 を是非ご覧くださいませ。 20

2022年7月29日(金) 情報セキュリティ教育事業者連絡会(ISEPA)JTAG認定ワーキンググループによる レポート「金融版検討 概要版(トライアル結果)」を公開いたしました。 スキル可視化アセスメントに際して業界による業務特性の考慮が必要か、 また、実際に活用する場合の業界ごとの使い方の工夫などを調査・検討することを目的に、 金融業界有志と共同で継続して活動してます。 この検討プロセスにおい