VisuMeの活用方法

社会人の方は

(登録利用者本人)

自身のスキル・コンピテンシーを

把握​し、さらなるスキルアップ

プロジェクトリーダーや管理職の方は

組織やチームの

タレントマネジメント

人事の方は、

社員のスキルを可視化し、

今後の人事戦略

*今後、Capability Assessment とCompetency Assessment の能力要素間の分析の実施を予定しております。

個人での活用例

 

社会人の方は

(登録利用者本人)

 Capability Assessment(能力診断)では、自分自身のスキルバランスを把握できます。また、将来目指したい業務とのスキルギャップ内容を把握することで、今後どのような学習をするべきか、どのような業務を経験していくのが良いかなど具体的にイメージする手助けとなります。

 また、Competency Assessment (適性資質・行動特性診断)では、自己理解をさらに深め、今後の自分自身の成長やキャリアアップ、どのような仕事にチャレンジしていくかなどキャリアデザインに繋げることができます。

【Capability Assessmentの診断結果の一例】

診断結果より、目指すポジションと現状のギャップを把握でき、理想に向けたアクションプランが立てやすくなります。

また、​JTAGでは教育事業者との連携を進めており、セレクトしたサンプルプロファイルと、本人の診断結果のギャップに対して、ピンポイントでより効率的な、また効果的な推奨研修を提示する機能を準備していく予定です。

 

タレントマネジメントとしての活用例

 アセスメントを実施することで、メンバーのスキルバランス・コンピテンシーを把握でき、アクションプランが立てやすくなります。

例えば、1年後にAさんを「セキュリティ マネージャ」に抜粋したい場合、まずは、Aさんの現在と「セキュリティ マネージャ」のサンプルプロファイルを比較します。1年後までに補うべきスキルが見えるので、このギャップを埋めるためにはどうしたらいいか(推奨研修の受講・業務経験を積む等)のプランを立てることができます。

 また、定期的にアセスメントを行うことで、計画の達成度を把握し、必要に応じて軌道修正することにも役立ちます。

【Capability Assessmentの診断結果の一例(Aさんの結果)】

診断結果より、現状目指すポジションのギャップを把握できます。Aさんの場合、マネジメント領域(図の赤丸部分)のスキルを強化することで、より業務への適合性があがることが読み取れます。

人事の方は

人事戦略への活用例

 

 企業においてセキュリティ施策を立案し実行するためには、それぞれのステップやフェーズにおいて、その施策を遂行する「人」の課題は重要です。そもそも推進できるリーダーはいるのか、その内容を高いレベルで遂行できる人材はいるのか、いないとしたら他から調達できるのか、できない場合はどうするのか?など人事や人材開発に携わる方々にとっては永遠の課題ともいわれてます。

事業計画や経営計画に連動した人材戦略という点からも、人材の育成や確保の計画をより適材適所となるように、人材の見える化(スキルの可視化)が手助けとなります。

 尚、個人別のアセスメント結果利用はもちろんですが、複数人の合算チャートの算出表示など、チームや組織のスキルを把握するための機能も準備していく予定です(スケジュールは未定)。

【Capability Assessmentの診断結果の一例(組織つくりへの活用)】

 A社ではセキュリティ緊急対応チームを編成する予定です。既存のシステム部門からの予定メンバー4人で機能するか診断してみた結果、赤丸部分のスキルが足りないことが分かりました。そのため、●●部門のAさんに支援依頼することになりました。

※本機能については提供スケジュール未定

©2020 by 一般財団法人日本サイバーセキュリティ人材キャリア支援協会.