top of page

​協賛会員

・JTAG 財団の活動に賛同頂き、特別に協力を頂いている企業を対象とします。
 300 万円以上相当の寄附/活動資金拠出や財団活動への人員提供、また、積極的な啓発活動や調査研究への協力、VisuMe 活用事例  

 つくり等活動実績をもとに理事会で審査させて頂きます。
 

・特典として基本会費、利用者数追加会費などの費用割引や会員開催のイベントやセミナーなどへの協力、自社内人材育成への支援な 

 どがあります。
 

・協賛会員加入希望など、詳細については事務局へお問合せください。
 

 協賛会員(2023 年 1 月):
 エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社
 グローバルセキュリティエキスパート株式会社
 トレノケート株式会社
 株式会社パソナ
 パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
 Modis 株式会社
 株式会社ラック
 (50 音順)

法人利用会員

・企業、組織、団体等の「法人」が対象となります。
・同一企業内でも、組織ごとに別会員となることができます。
・業種、事業規模など制限はありません。
・利用対象範囲は自由ですが、ID の再販はできません

詳しくは、「会員種別/利用費用」のページをご覧ください。

教育事業者会員

現在、準備中です。
VisuMe の診断結果に対して「おすすめの研修コース」が自動提示されます。ここに登録できる教育事業者を対象として会員体系化を予定しています。また、登録したコースはスキル診断指標の「講義・研修等受講歴、イベント参加・学内活動等、その他」にも組み込まれますので、顧客の教育研修プラン作成など販売ツールにも効果的に利用が可能となります。
「おすすめの研修コース」詳細リンク:https://www.j-tag.or.jp/general-8-1

教育機関会員

現在、準備中です。(2 月から募集予定)
・先般の診断指標の追加により、学生も可視化が可能となりました。大学や高専、専門学校や各種学校など学生に対して教育を実施し

 ている機関を対象とします。また、同一法人内でも、学部や学科、研究室単位などでも別会員としての登録もできるように準備中で 

 す。
・学生としてはいろいろな業務についてサンプルスキルレベルを知ることができ、また、自分の診断結果と比較することで、目指す仕

 事のためには何を学習したよいのかの参考となります。学校や先生方としては、就活支援/アドバイス時の参考情報やカリキュラム検

 討の参考情報として利用が期待されます。
・利用範囲については学生以外にも、先生方、職員の方々もユーザとしてのご利用頂ける予定です。学校組織として職員全体の IT セキ

 ュリティスキルの状態把握や、セキュリティスキル強化計画などにも活用できます。

個人会員

現在、準備中です。
所属する組織が法人利用会員でなくても、個人としてスキル可視化のユーザ機能が利用できます。

 

お問合せは「お問合せ」ページから、もしくは、事務局(info@j-tag.or.jp)までメールにてお願いします。

bottom of page