JTAG 認定制度

VisuMe(JTAG総合IT能力診断サービス)の2つのアセスメントを実施すると、

評価が自動算出されます。
その次に、JTAG公認アプレイザーによる面談や書類審査を行うことで、
アセスメントの入力項目だけでは判定しきれない活動や実績、その評価を認定します。

 

JTAGについて

 JTAGとしての活動は、2017年から特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)配下の、情報セキュリティ教育事業者連絡会(ISEPA)内ワーキンググループとして継続して進めてきました。

 その活動の中で、セキュリティ人材の見える化、認定制度を事業として開始するために、2020年2月に、一般財団日本サイバーセキュリティ人材キャリア支援協会(略称:JTAG, ジェイタッグ)を設立しました。

 これにより、スキル可視化システムを利用した認定制度の仕組みをつくり、サービスとして広く普及させることで適切な人材流動化を促し、セキュリティ人材の充足を目指していきます。

目的

 JTAGは、社会的に課題となっているセキュリティ人材の不足解消と、多様な働き方の推進のために、セキュリティに関係するあらゆる人材に対して精度の高い見える化を実現し、真の実力値の認定をします。これにより、効果的で効率的な育成と、必要とされるセキュリティ業務への適材適所な配置がなされることで、社内外における良循環の人材流動化を促進していきます。

セキュリティ能力診断 Capability Assessment for Digital Security   デモサイト無料公開中!

VisuMe(JTAG総合IT能力診断サービス)では、

2種類のアセスメントを実施し、人材の見える化を行います。

 ・Capability Assessment for Digital Security(能力診断)

 ・Competency Assessment(適性資質・行動特性診断)

 

認定制度について

 JTAGの認定制度は、初級/中級/上級やAランク/Bランクのようなレベル付け、資格や試験のように「合否」や「適/不適」のような優劣を認定するものではありません。特に、Capability Assessment for Digital Security(能力診断)は、あくまで、JTAGが設定した指標項目に対して 「どのような状態にあるのか」「どのようなスキルバランスなのか」 を表現するものです。

 認定のステップとして、まずはVisuMeの2つのアセスメント(Capability Assessment for Digital Security(能力診断)、Competency Assessment(適性資質・行動特性診断)を実施頂きます。自動算出された結果をもとに、JTAG公認アプレイザーによる面談や書類審査によって、アセスメントの入力項目、自動算出されたスコアだけでは判定しきれない活動や実績を反映させて、対象人材のその時点での結果を作成します。その結果に対して、「確かにその人材はこの状態にある」ということを認定するものです。

 業務/職務や役割は例え同じ名称だとしても、企業や組織ごとに重要視するスキルや求めるスキルは違うことが多々あります。その認識違いや解釈の違いによってジョブアサインについてミスマッチを生むリスクもあります。JTAGでは、適合性をより具体的に見える化することによって、最適な適材適所が成されることを目指しております。

1

ガバナンスと運営

 当法人では中立公正な認定を行うために、以下の体制を準備しています。

 JTAG公認アプレイザーが実施する検定状況、評価方法など能力判断基準の妥当性確認、認定プロセス全体のチェックなど、公平性、公正性を保つためにJTAGとは独立した第三者機関に「アドバイザリーコミッティ」として設置。この組織は、数名の有識者(大学等の専門家、業界で認知されたリーダー経験者等)により構成し、役割としてはJTAGが運営するアプレイザー制度全般に対するガバナンスとしてモニタリングを担うことを狙いとします。

​認定のお申込み

認定制度については、ただいま準備中です。しばらくお待ちください。

​認定制度についてのお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡お願い致します。

©2020 by 一般財団法人日本サイバーセキュリティ人材キャリア支援協会.