top of page

JNSA共催 第5回座談会セミナー  生成AIの時代、セキュリティの仕事、セキュリティ人材の姿は?~2030年にはどうなっているか、生成AIに聞いてみました!~

更新日:2月15日

 生成AIが社会に大きな変化をもたらすことはすでに活発な議論が行われています。生成AIによって無くなる仕事、新たに生まれる仕事、企業活動の変化など様々な視点から論じられています。

今回の座談会では、一般社団法人ソフトウエア協会の元会長、現在はフェローでDX/AI推進研究会主査の要職にある竹原司様をゲストにお招きし、生成AIの急速な社会への普及によって、2030年にはセキュリティの仕事やセキュリティ人材はどのようになっているのか、近未来について語っていきます。


2030年はさほど遠くない未来です。そのときには、セキュリティではどのようなスキルが必要とされてくるのか?、生成AIに任せられるもの/任せられないものは?、その時代で成功していくためには我々はどうしたらよいか?、また、そもそもセキュリティ専門人材は存在しているのか?セキュリティ人材の役割やイメージはどのように変化しているのか?セキュリティ以外でも同様なことが起きるのか?等々を、実際に生成AIにいろいろな質問をしておきその回答をもとに議論を深めていきます。


●配信期間:2024年2月1日(木)~2024年2月29日(木)

※配信開始日は変更になる場合があります


●開催方法:事前収録によるオンラインアーカイブ配信

※受講証を発行します(詳細は動画内でご案内します)

※視聴用のURLは、視聴開始日前にメールにてご案内いたします


●対象:

・セキュリティ関連の業務に従事している方々

・IT関連の業務に従事している方々

・経営層、事業企画/事業戦略担当の方々

・学生および教育機関の関係者

・GRC(ガバナンス/リスク/コンプライアンス)担当や法律関連の専門家

・研究者やコンサルタント


●【ゲスト】竹原 司様

・一般社団法人ソフトウエア協会(SAJ)元会長、現在フェロー

DX/生成AI推進研究会 主査

・株式会社エーアイスピリッツ 代表取締役役 社長

インフォグリーン株式会社 代表取締役役 社長

【モデレーター】

大槻晃助 JTAG財団事務局長

板倉恭子 JTAG財団企画委員(ネットワンシステムズ株式会社)

【登壇者】

江ノ本司 株式会社レオンテクノロジー

米澤一樹 パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

渡邉和樹 AKKODiSコンサルティング株式会社



●主催:一般財団法人日本サイバーセキュリティ人材キャリア支援協会(JTAG財団)

 共催:特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)


●申込先:   ※受付は終了いたしました。


●問い合わせ等

 一般財団法人日本サイバーセキュリティ人材キャリア支援協会(JTAG財団)

https://www.j-tag.or.jp/         事務局:info@j-tag.or.jp

最新記事

すべて表示

「ITスキル可視化(VisuMe)実演セミナー」

~新たな3つの機能でスキル可視化ツール(VisuMe)の利用範囲と利便性が大きく向上!!~ <【企業担当者向け】セキュリティ人材育成のためのスキル可視化とは?(オンライン)> TAG財団のIT総合能力診断サービス「VisuMe」を用いて、実際にどのようにしてスキル可視化が可能なのか、このツールの威力が発揮できるシーンや、利用プロセスなどどのように使うと効果的なのか、また、可視化ができることに

6月12日(水)~14日(金)幕張メッセで開催の『Interop Tokyo 2024』にJTAG財団が後援いたします。

インターネットテクノロジーの国内最大級イベント『Interop Tokyo』が 6月12日(水)~14日(金)の3日間、幕張メッセで開催されます。 今年は「AI社会とインターネット」をテーマに、31回目の開催となります。 インターネット技術の最先端と近未来を、展示・講演・複数の特別企画を通して ご覧いただきます。当団体も後援しておりますので、皆様ぜひご来場ください。 <<イベント公式サイトはこちら

「ITスキル可視化(VisuMe)実演セミナー」

~新たな3つの機能でスキル可視化ツール(VisuMe)の利用範囲と利便性が大きく向上!!~ <【企業担当者向け】セキュリティ人材育成のためのスキル可視化とは?(オンライン)> TAG財団のIT総合能力診断サービス「VisuMe」を用いて、実際にどのようにしてスキル可視化が可能なのか、このツールの威力が発揮できるシーンや、利用プロセスなどどのように使うと効果的なのか、また、可視化ができることに

Comments


bottom of page