top of page

「週刊 経団連タイムス」掲載のお知らせ

JTAG事務局長 大槻晃助が参加した、経団連の「サイバーセキュリティ委員会 サイバーセキュリティ強化ワーキング・グループ」の模様が掲載されましたのでお知らせいたします。


2021年3月18日「週刊 経団連タイムス(No.3492)」 をぜひご覧ください。


以下に一部抜粋にてご紹介します。

————————————————————————-

経団連は3月2日、サイバーセキュリティ委員会(中略)をオンラインで開催し、日本サイバーセキュリティ人材キャリア支援協会(JTAG)大槻晃助事務局長渡邊洋治財団企画運営統括委員宮坂孝財団企画運営統括委員から、セキュリティ人材可視化サービスのデモンストレーションを紹介してもらうとともに、人材スキル可視化におけるコンピテンシー(行動特性、適性資質)の重要性、企業でのトライアル事例について説明を聴き、意見交換を行った。

————————————————————————-


■週刊 経団連タイムス(No.3492)


最新記事

すべて表示

【Interop Tokyo】AIの悪用によるサイバー攻撃はAIで防御!生成AIvs予測AIなど無料公開中<7/31までの期間限定>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 『 Interop Tokyo 2024 ~AI社会とインターネット~』 アーカイブ配信 登録制・無料 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JTAG財団が後援しました、6月に開催された「 Interop Tokyo 2024 」は、基調講演、展示会場内セミナーなど一部の講演を7月

JTAG座談会セミナーシリーズ(第七回)開催のお知らせ

学生アンケートから読み解くセキュリティの仕事、業界、キャリアの未来 ~JNSA JTAGキャリアデザインWG第二回アンケート振り返り~ 座談会第一回では、「学生が考えるセキュリティ人材のキャリアとは?~学生アンケートから読み解くセキュリティの仕事、業界、キャリアの未来~」というテーマで、JNSA JTAGキャリアデザインWGで2022年度に実施した第一回学生アンケートをもとに議論しました。 座談会

学生のキャリア意識2023年調査速報 第2弾 公開のお知らせ

JTAGキャリアデザインワーキンググループ報告書「学生のキャリア意識2023年調査速報 第2弾」が公開されました。 今回のアップデート(第2弾)では、BIG FIVE分析を活用した、人物面の考察を行いました。アンケートの結果と人物面をそろえて考察することで、より実態に即した学生のキャリアの把握と今後の検討ができると考えています。 2022年の結果とも比較しつつ2023年は、専門学校生と大学生の比較

Comments


bottom of page